パシュミナ:ストールの巻き方

パシュミナのアレンジ



ストールのなかでも根強い人気を誇るパシュミナは、
標高3500m以上のヒマラヤ山脈に生息する山羊の、


お腹から喉にかけての産毛のみで織られる伝統のある
織物なのだそうです。


ネパール語で「最高に柔らかく暖かい毛」という意味を持つ
パシュミナは、1枚のストールを作るのに5〜6頭の山羊の毛が
必要とされ、とても希少な織物なのだとか。


パシュミナストールは、軽くて暖かく、小さく折りたためて
しわになりにくいので持ち運びに便利ですね。


パシュミナストールは夏場の冷房よけにも使えるので
1年中活躍してくれますね。


パシュミナストールは、さまざまな色のバリエーションが
あるので、好きな色を2〜3枚揃えておくと、結婚式・披露宴
などのパーティや、普段の防寒対策にと、使い勝手がいいですね。


パシュミナストールの巻き方は、インターネットを検索すると
画像つきで解説されているサイトもあるので参考にしてみて
ください。


ざっくりマフラー風に巻いたり、ボレロ風やポンチョ風にアレンジ
する巻き方も華やかさが出ていいですね。


ストールにコサージュやブローチをつける巻き方も
とっても女性らしくて素敵だと思います。

ストールの巻き方についてでした。