アフガンストールの巻き方

注目のアフガン



アフガンストールは、オシャレの上級者の方に注目されている
ファッションアイテムのひとつではないでしょうか。


アフガンストールは、綿のストールのことで、個性をアピール
できる柄が特徴的です。


男性のカジュアルファッションにも取り入れられることが多く、
インターネットショッピングやネットオークションでも
人気のあるアイテムのようですね。


和柄・ボーダー・ストライプ・千鳥格子柄、その他しわ加工や
ラメ加工、さまざまな種類が販売されているのもアフガンストールの
特徴ですね。


この春夏も、UVカットやオシャレにと、まだまだ活躍してくれる
こと間違いありません。


アフガンストールの巻き方は、柄の見せ方がポイントに
なりますね。


画像つきでアフガンストールの巻き方を解説しているサイトが
ざっと検索しただけでもいくつか見つかりました。


フリンジつきのアフガンストールなど、柄とフリンジをどのように
「魅せる」かが重要ですね!!


ぜひ、インターネットでアフガンストールの巻き方を調べて、
自分だけの巻き方を編み出してみてはいかがでしょうか!?

大判のストールの巻き方

大判・ロング



大判のストールやロングストールをお持ちの方は、
普段どのような巻き方をされていますか?


ざっくり肩に羽織ったり、片方の端を肩の後ろに
まわしたり、マフラーのように巻きつけたり、背中で


結んでポンチョ風にしたりボレロ風にしたり・・・という
ストールの巻き方が主なところでしょうか。


大判のストールやロングストールは、そのサイズの
大きさを活かして、腰に巻いたり上半身や腕などに
巻きつけたりする巻き方も斬新でオシャレですね。


ストールの販売店などのサイトをのぞくと、モデルの
方やデザイナーの方など、自由に自分らしく、ストールの
柄や形をいかした巻き方でストールでのオシャレを


楽しんでいる方の写真が紹介されていて、非常に参考に
なります。


大判ストールはカジュアルにもゴージャスにも使えます。
ぜひ、ストール販売店など、たくさんのインターネット
サイトをチェックしてみてください。


ストールの生地や柄の特長を活かした、大判やロングの
ストールのさまざまな巻き方に出会うことができるでしょう。


大判ストールの巻き方は、折ったり広げたりくるくる巻いたり
本当に自由なので、いろいろアレンジするとオシャレの
幅がうんと広がりそうですね。

ストールの巻き方は画像を参考に

おしゃれのポイントに



ストール使いの上手な女性、本当に素敵ですね。
おしゃれな人ほど、いろいろなストールの巻き方を
知っているのでしょうね。


ストールやマフラーの巻き方は、インターネットで検索すると
ざっくり羽織ったり、ぐるぐる巻くようなよくある巻き方


だけでなく、8の字巻き、ボレロ風の巻き方、ポンチョ風の
巻き方、結び目を花のようにアレンジする巻き方、ネクタイ風の
巻き方など、さまざまな巻き方が紹介されています。


ストールの巻き方に慣れていない方でも、画像つきの解説が
されたインターネットサイトを見れば、上手に巻くことが
できそうです。


コサージュやブローチで、より華やかにかわいらしい装いを
するストールの巻き方のアレンジもぜひ自分のものにしたいですね。


特にコサージュをつけるストールのアレンジはパーティシーンにも
ぴったりではないでしょうか。


また、ストールを買うときに、店員さんにおススメの巻き方を
相談してもいいですね。


柄モノやリバーシブルのストールは巻き方ひとつで
かなり印象が変わりますので、ぜひ個性を演出するオシャレの
ポイントにしてみてください。

結婚式のストールの巻き方

結婚式にむけて



結婚式には、ワンピースのドレスに華やかにストールを
あわせる装いも素敵ですね。


特に、ノースリーブのワンピースのときは、結婚式の
厳粛な雰囲気をこわさないよう、ストールで肌の露出を
控えるのもよいでしょう。


これから暑くなってくる季節には、シフォンなど軽めの素材や、
ラメの入った華やかな素材が、パーティスタイルにも
ぴったりのストールではないでしょうか。


ストールの巻き方にはいろいろありますが、結婚式の際は
ボレロ風に巻くと肩・二の腕の露出を抑えることができ、
さらに両手が開くので写真を撮ったり、拍手をしたり、


教会式なら賛美歌を歌ったり…さまざまなシーンでも
スマートな動作ができるのでおススメです。


ボレロ風のストールの巻き方は、まずストールを羽織ります。
その後、両端を持ち、わきの下を通して後ろへ持っていきます。


後ろへ持っていったストールの端を背中で結べば、ボレロ
スタイルが完成します。


ボレロ風のストールの巻き方は、両手が自由になり、
華やかさもあるので、披露宴の食事のときにも邪魔にならずに
すみます。立食パーティーなどのときにもいいですね。

パシュミナ:ストールの巻き方

パシュミナのアレンジ



ストールのなかでも根強い人気を誇るパシュミナは、
標高3500m以上のヒマラヤ山脈に生息する山羊の、


お腹から喉にかけての産毛のみで織られる伝統のある
織物なのだそうです。


ネパール語で「最高に柔らかく暖かい毛」という意味を持つ
パシュミナは、1枚のストールを作るのに5〜6頭の山羊の毛が
必要とされ、とても希少な織物なのだとか。


パシュミナストールは、軽くて暖かく、小さく折りたためて
しわになりにくいので持ち運びに便利ですね。


パシュミナストールは夏場の冷房よけにも使えるので
1年中活躍してくれますね。


パシュミナストールは、さまざまな色のバリエーションが
あるので、好きな色を2〜3枚揃えておくと、結婚式・披露宴
などのパーティや、普段の防寒対策にと、使い勝手がいいですね。


パシュミナストールの巻き方は、インターネットを検索すると
画像つきで解説されているサイトもあるので参考にしてみて
ください。


ざっくりマフラー風に巻いたり、ボレロ風やポンチョ風にアレンジ
する巻き方も華やかさが出ていいですね。


ストールにコサージュやブローチをつける巻き方も
とっても女性らしくて素敵だと思います。

ストールの巻き方についてでした。